性病薬『クラビット』効果内容・副作用紹介

6241013F3027_000

クラビットは、細菌による感染症の治療に幅広く用いられています。

日本では第一三共より製造・販売が行われています。

クラビットは、ニューキノロンと呼ばれる抗菌剤で、細菌のDNA複製を妨げ、増殖を阻害し殺菌する作用があります。

従来の抗菌剤より抗菌作用が強く、クラミジアなどの性感染症の他にも、膀胱炎などの尿路感染症、気管支炎や咽頭炎などの呼吸器感染症、中耳炎や副鼻腔炎などの耳鼻科の感染症などに治療薬として幅広く用いられています。

使用方法

性感染症の場合、通常はクラビットを成人は1回1錠(1錠500mg)

1日1回服用を14日間行いますが、感染症の種類・症状などにより用量が異なります。

副作用

クラビットは副作用の少ない抗菌剤と言われていますが、発疹、めまい、頭痛、腹部の不快感、下痢、嘔吐、のどの渇きなどが報告されています。

また、日光にあたった皮膚が発赤する、水ぶくれができるなど光線過敏症起こす可能性があります。

長時間の直射日光は避けるように注意してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ