性病治療薬『レボクイン』効果内容副作用紹介

レボクイン

レボクインは抗菌薬クラビットのジェネリック医薬品です。

レボクインの有効成分はレボフロキサシンです。

有効成分の含有量は「250mg」「500mg」の2種類あります。

レボクインはインドのシプラ社が製造しています。

細菌の増殖する際に必要なたんぱく質を阻害することによって、細菌を死滅させる働きがあります。

効果

OK

クラミジア・淋病・子宮内感染などの性感染症に効果的な抗生物質です。

ほかにも、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、腸チフス、パラチフス、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱、膀胱炎、皮膚感染症、胆管炎、胆のう炎、子宮及び付属器炎などのさまざまな細菌による感染症にも有効です。

また、性行為前に服用する事で予防にもなります。

使用方法

1回100mgを1日2~3回お水で服用します。

効果が不十分な場合は、1回200mgを1日3回服用することができます。

副作用

副作用は、人によってさまざまですが下痢・発疹・めまい・頭痛・倦怠感などの症状が起こる場合があります。

症状が激しい場合は服用を中止して下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ